チャットレディ初心者さんへ

チャットレディvsキャバクラ比較!簡単・高収入の稼げる仕事は?

更新日:

ハル
現役チャットレディのハル(@chatlady_haru)です!今回はキャバクラと比較してみましょう。

手っ取り早くお金がほしい!」なんてとき、ありますよね。そうなると必然的に時給が高くて、なおかつ日払いで渡してくれる場所で働かないといけません。

女性の高収入のお仕事・アルバイトとして名高いのは、風俗、キャバクラ……そしてチャットレディ

肉体的にも精神的にも辛い風俗と比べると、チャットレディとキャバクラで悩む人が多いもの。

そこでこの記事では、チャットレディとキャバクラ、簡単に高収入を得られるのはどちらなのか。2つのお仕事を比較していきます。

チャットレディとキャバクラの仕事内容を比較

「そもそもどんなことをして働くの?」と思う人も多いはず。まずはチャットレディとキャバクラ、それぞれの仕事内容をご紹介します。

男性客と話すという点では同じですが、雰囲気や接客方法は異なります。あなたにできること・できないことを振り分けて、お仕事を選ぶときの参考にしてくださいね。

チャットレディの仕事内容は?

チャットレディは画面越しにお客さんとお話を楽しむお仕事です。事務所のお部屋や自宅などで、24時間365日いつでもお仕事ができます。

そんなチャットレディの仕事内容は下の2つ。

  1. 男性客と話す
  2. パフォーマンスをする

男性客と話す

チャットレディはのお仕事は、ライブチャットサイトに登録し、あなたのお部屋に入室してくれた男性客とお話をすること。

キャバクラと違ってお酒を飲む必要もありませんし、タバコに火をつけたりもしません。実際に会わないので、ふれあうこともありません。

画面越しにお客さんと話すだけで報酬をもらえるので、学生さんや主婦の方も多く利用しています。

ただし、男性客とチャットをしていない間(待機中・休憩中)は報酬が出ないので、注意してくださいね。

パフォーマンス

チャットレディが登録するライブチャットサイトは、ノンアダルト・アダルトの2種類に分けられます。

ノンアダルトではお話のみですが、アダルトではパフォーマンスもお仕事の一部。それでも男性に触られることはありません。

アダルトな行為を避けたい人は、ノンアダルトのライブチャットサイトに登録してくださいね。

キャバクラの仕事内容は?

キャバクラはお店に出勤し、お客さんとお酒を飲みながら会話を楽しむお仕事です。営業時間はお店によって異なりますが、20時~翌1時頃までが目安。

そんなキャバクラの仕事内容は以下の5つ。チャットレディと比べて少し多めですね。

  1. お酒を飲む
  2. お酒を作る
  3. タバコに火をつける
  4. トイレへのエスコート
  5. 同伴・アフター

お酒を飲む・作る

キャバクラはお客さんと一緒にお酒を飲んで、お話をする仕事です。お客さんと話をしながら、楽しい時間を過ごせるよう気を配る必要があります。

「じゃあ、お酒強くないとキャバクラで働けないの?」と思う人も多いでしょうが、そんなことはありません。

お店によってはノンアルコールのドリンクを頼めたり、お酒を薄くしたものを飲んでもOKという場合も。お酒が苦手な人でも安心して働くことができます。

火を付ける・トイレへエスコート

キャバクラはただお酒を飲んで会話をする以外にも、ひとつひとつの行動に“気配り”が必要です。

たとえば、タバコに火をつけたりおしぼりを渡したりします。店によってはトイレにエスコートする場合も。

基本的な仕事内容(タバコの火の付け方、トイレへのエスコートの仕方など)は、お店のスタッフや先輩キャバ嬢が教えくれるので、未経験から始めることも可能です。

同伴・アフター

同伴というのは、キャバ嬢が出勤前にお客さんと過ごして、一緒に出勤すること。対してアフターは、お仕事の後にお客さんと過ごすことです。

どちらも出勤前・出勤後に1~2時間の食事をして、お店でも一緒にお酒を飲みます。営業の一環なので、常連さん作りのために時間外でもお仕事をするというわけです。

チャットレディvsキャバクラ!メリット・デメリットを比較

ここからはチャットレディとキャバクラ、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

表にまとめたので、どちらで働こうか迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

次はそれぞれのメリット・デメリットを、詳しく解説していきます。

メリットデメリット
チャットレディ
  • 短時間でも稼げる
  • お客さんに会わない
  • 在宅でお仕事可能
  • 24時間365日お仕事可能
  • 顔を出さなくていい
  • 身バレする可能性がある
  • 収入が一定ではない
キャバクラ
  • 短時間で高収入
  • 人脈が広がる
  • 男性客と食事・買い物ができる
  • アルコールや昼夜逆転生活で体調を崩す
  • 副業がバレる可能性がある
  • ドレス代や美容院代がかかる

チャットレディのメリット・デメリット

次はチャットレディのメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

メリットデメリット
チャットレディ・短時間でも稼げる
・お客さんに触られない
・在宅でお仕事可能
・24時間365日お仕事可能
・顔を出さなくていい
・身バレする可能性がある
・収入が一定ではない

メリット

  • 24時間365日在宅でお仕事可能

チャットレディのメリットは、なんといっても在宅でお仕事ができるところです。PCとインターネット、イヤホンマイクがあれば、すぐにでも仕事を始めることができます。

ライブチャットサイトへの登録後は、24時間365日お仕事が可能。雪の日・雨の日も問題なく仕事ができるため、病気で外に働きに行けない子どもが小さくて仕事に就けないという人におすすめです。

  • 短時間でも稼げる

チャットレディは短時間で稼げるというメリットもあります。

最低でも時給換算3,000円から、固定客を増やしていけば時給数万円だって夢じゃありません。週1日2時間働いても、月給10万円以上は可能です。

さらに日払いにも対応しているので、すぐにお金が必要なときも安心。最初から短時間で高収入を得られるのはもちろん、続ければ続けるほど稼ぎやすい環境が整ってきます。

  • お客さんに触られない

お酒を飲む必要がないだけでなく、男性客に触られないのも重要なポイント。

「高収入の仕事は男性とのふれあいが……」と、不安な女性も多いでしょう。チャットレディなら画面越しで話をするので、そんな心配もありません。

ストレスフリーで働けるのも、チャットレディのメリットですね。

デメリット

  • 収入が一定ではない

チャットレディは高収入を得られますが、仕事時間や景気によって収入も変動します。先月は50万円以上稼げたのに、今月は50万円達成できなかった…なんてことも。

ですが、常連さんができてくると毎月の収入も安定するようになるので、安心してくださいね。お仕事がどんどん楽になっていくのです。

  • 身バレする可能性もある

チャットレディで顔出しをする人は、身バレする可能性も。

ですが、メイクを派手にする・ウィッグをかぶる・マスクをするなど、対策によって身バレを防げます

もちろんお仕事のときに顔を出さないのも可能なので、目元が映さないだけでもバレる可能性はぐんと下がりますよ。

キャバクラのメリット・デメリット

まずはキャバクラのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリットデメリット
キャバクラ・短時間で高収入
・人脈が広がる
・客と食事・買い物ができる
・アルコールや昼夜逆転で体調を崩す
・副業がバレる可能性がある
・ドレス代や美容院代がかかる

メリット

  • 短時間で高収入

キャバクラは普通のアルバイトと比べると時給が高く、週2日出勤するだけでも月収10万円以上稼ぐことができます。

店によってはシフトに柔軟に対応してくれることもあるので、忙しい人でも融通をきかせてくれるのがありがたいですね。

  • 人脈が広がる

また、キャバクラにはさまざまな男性が来るので、人脈が広がるのもメリットの1つ。

いいお店には大企業の社長も来ることがあり、気に入ってもらえれば、独立したときに力になってもらえるかもしれません。

人脈が作れるので、将来独立願望がある人や、男性客と対面して話すのが好きな人におすすめです。

デメリット

  • アルコール・昼夜逆転生活

キャバクラは高収入を得られますが、その分アルコールを大量に飲んだり昼夜逆転生活で体調を崩しがちになるというデメリットもあります。

そのせいで精神的にも病んでしまうケースも……。

アルコールが極端に苦手な人や昼夜逆転生活に耐えられない人には、ちょっと厳しいかもしれません。

  • 副業がバレる可能性がある

店舗でお仕事するようになるので、自宅から近いところじゃないと働けませんよね。なので、学生さんや本業がある方だとバレるリスクが高まります。

学校の男友達や職場の上司が来店して副業がバレるケースもあるので、お店を選ぶ際はじゅうぶん注意が必要です。

給料比較!チャトレとキャバ稼げるのはどっち?

チャットレディとキャバクラのいい面・悪い面をそれぞれご紹介しましたが、実際にに稼げるのはどちらでしょうか。

ということでここからは、それぞれの給料の相場を比較していきます。

時給月収年収
チャットレディ・2ショット:7,500~13,000円
・パーティー:3,000~4,800円×入室人数
30~300万円300~2,000万円
キャバクラ2,000~4,000円10~200万円300~1,000万円

チャットレディの給料詳細

チャットレディは、1人のお客さんと2人きりでお話する2ショットチャットで、時給13,000円になるサイトも。

パーティーチャットでは入室人数分の報酬が入るため、10人入って時給48,000円になることも少なくありません。実際に私も、1度に10人以上のお客さんと毎回チャットをしています。

完全出来高制のため、お客さんと話した分だけお給料を貰うことができますが、休憩中・待機中は0円です。

キャバクラのように高価なドレスを着ることも、美容院でヘアセットすることもないのが嬉しいポイントですね。

キャバクラの給料詳細

キャバクラの時給相場は2,000~4,000円ほど。

一見高時給と思われがちですが、ドレス代・ヘアセット代がかかるほか、雑費なども引かれるため、実際の手取りは少なくなってしまうこともあります。

また地方の場合は時給がかなり低く、なおかつ指名も取りにくいため、稼ぎにくいのが特徴です。

反対に都市部のキャバ嬢はレベルも高いため、ルックス・コミュ力が高くなければ人気になるのは難しいでしょう。

【比較結果】簡単・高収入なお仕事はこれ!

全体をとおして比較したところ、簡単に高収入を得られるのは……チャットレディだといえます!その理由を下にまとめました。

チャットレディキャバクラ
高収入
安定した収入
仕事場・時間
仕事内容
接客の簡単度花丸
その他の支出

チャットが高収入の理由

  • 時給・月収・年収がキャバクラより高い
  • 入室人数によって上限なく稼ぐことができる
  • どこでもいつでも仕事ができる
  • 顔出しせずに稼げる
  • お酒を飲まなくていい
  • 男性に直接会わない
  • ドレス代・ヘアセット代が不要

給料が高いのはもちろんですが、やっぱり女の子にとって「男性に会わない」というのは嬉しいポイント。チャットレディなら画面越しにお仕事をするので、お酒を飲むことも、触られることもありません。

私はどちらのお仕事も経験したことがありますが、ライブチャットの世界を知ってからは「こんなに簡単で女の子に優しいお仕事があるのか」とびっくりしたのを覚えています。

あなたに向いてるお仕事をチェックリストで確認!

チェックリスト

  1. 高時給がいい (Yes/No)
  2. 自由に好きなときに働きたい (Yes/No)
  3. 自宅で働きたい (Yes/No)
  4. 面接なしのお仕事がいい (Yes/No)
  5. 男性と会いたくない (Yes/No)
  6. ドレス代にお金をかけたくない (Yes/No)
  7. 女のドロドロがこわい (Yes/No)
  8. ストーカーにあうのがこわい (Yes/No)
  9. 接客・会話が苦手 (Yes/No)
  10. マニュアルを覚えるのが面倒 (Yes/No)
  11. 面接なしのお仕事がいい (Yes/No)

Yesが多いあなたはチャットレディ、Noが多いあなたはキャバクラが向いています。

チャットレディが簡単・高収入とはいえ、「対面して接客したい」という人は、キャバクラでお仕事をはじめるのもあり。

自分に向いている高収入のお仕事・アルバイトがどちらなのか知ることも、短期で稼ぐのには大切です。

誰にもバレず簡単に高収入を得よう

今回はキャバクラとチャットレディ、どちらが簡単に稼げるのか検証しました。

キャバクラでも高時給を得られますが、お客さんの隣で接客をするので、なにかとリスクがつきものです。なかにはストーカーに悩む女の子も。

安全面・収入・仕事時間・仕事場所などトータルで見て、短期で高収入を得るにはチャットレディがおすすめです。

No.1高単価のおすすめサイト

おすすめポイント

  • 新人ボーナスはなんと合計5万円!!
  • オリエンテーションで初心者さんも安心✨受けるだけで1万円GET!
  • お友達紹介で5千円GET!(当ブログからのご登録者様は紹介しますのでお問合せください💗)
  • 他サイトでは2ショット1分100円が、ココでは1分200円超え
  • 20代~30代の女性が活躍中🌸
  • ランキングには40代~50代の女性も!
  • 希望者には個別サポートも行っています。詳細はこちら

-チャットレディ初心者さんへ

Copyright© チャトログ , 2020 All Rights Reserved.